【倉多まお】全裸町内引き回しが難関だった。 – 昭和女のエレジー 全裸町内引き回し 辱められた若妻の熟れた肉体 1941 倉多まお

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昭和女のエレジー 全裸町内引き回し 辱められた若妻の熟れた肉体 1941 倉多まお

洋戦争が始まる前、田舎町を舞台にした若妻まおの凌●秘話。

夫は村長の息子で反戦活動家。

特高や憲兵は夫を逮捕、取り調べるが白状しないので目の前で妻のまおを裸にして恥辱を加えるが、父の懇願で解放される、しかし、再び夫を捕らえる為に、まおを全裸町内引き回しにし、町中の人の前で凌●、クライマックスは…。

「昭和女のエレジー 全裸町内引き回し 辱められた若妻の熟れた肉体 1941 倉多まお」の本編動画はこちらから

女優名: 倉多まお

ドラマ系力作

いかにもなストーリーを真面目に作っていて、とても好感が持てる。

名女優・倉多まおさんの全裸引き廻しも、他に類を見ない被虐プレイで魅せる。

平成のAVでは唯一無二(?)の町内全裸引回しシーンは必見!

町内全裸引回しをAVで本格的に取り上げたのは、昭和の名作、谷ナオミが主演した団鬼六の「縄と肌」以来じゃないでしょうか?「縄と肌」では逃げ出した女郎が捕まって後手縛りにされ、見せしめのために街中を引き回されて行き来する男達に触らせて辱しめる内容でしたが、腰巻を剥ぎ取るところまでは無かったし、時間的にも2分くらいしか無かったのに大興奮でした。

「縄と肌」は平成にもVシネマ化されましたが、逃げ出した女郎は晒し刑としてハリツケにされる描写に変わってしまい、町内全裸引回しシーンをAVにするのは大変なんでしょうね?本作では1時間7分くらいから1時間58分くらいまで、たっぷり50分も全裸引回しシーンが続き、腰巻を剥ぎ取るシーンもドラマチックで良かったし、ズイキを挿入したまま見物人のいる方に歩かされるシーンもワクワクでした。

倉多まおちゃんの起用もまさに適任で、見られる恥ずかしさと快感が葛藤するような表情が堪りません。

特高警察や憲兵の反戦主義者への拷問や女性運動家への性的拷問は史実では作品以上にえげつなかったようですし、悪役が卑劣なほどヒロインの美しさが際立つと個人的には思います。

大変だとは思いますが、町内全裸引回しの次作もぜひ制作して頂きたいです。

要望としては、せっかく後手縛りにするなら前から見ても分るように麻縄で縛った方が、晒されるヒロインの悲哀感が深まっていい絵になるような気がします。

全裸町内引き回しが難関だった。

この作品の見どころなんでしょうが、ここが厳しかったです。

若妻を辱める視点を貫くことが出来ていたら楽しめたのでしょうが、如何せん憲兵の横暴さにムカつき過ぎて、ちっとも興奮できませんでした。

倉多まおと和服が相性抜群だっただけに惜しかったです。

「昭和女のエレジー 全裸町内引き回し 辱められた若妻の熟れた肉体 1941 倉多まお」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。