【咲々原リン】女に尽くす男たち – 洗脳 潜入捜査官 咲々原リン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

洗脳 潜入捜査官 咲々原リン

新人マネージャーに期待を込めて、事務所イチオシという新人女優でドラマ作品を撮ってみました。

どこまでエロさを引き出すことが出来るのか?結果は果たして…。

奇妙な販売会社の中で繰り広げられる不可思議な風景。

共演のSM女優・川崎紀里恵の熱烈な演技がより怪しさを引き立ててくれます。

「洗脳 潜入捜査官 咲々原リン」の本編動画はこちらから

女優名: 咲々原リン

スキです

買って良かったです、こういうの大スキです、最後に反撃する展開もスキです。

個人的には殺しのシーンはもうちょっと丁寧に作って欲しいです。

最後の下着でクネクネしてる映像も大スキです、欲をいえば、そのノリで階段から誰か降りてきたり、カーテンから出てくるなどで射殺してほしかった。

ストーリをもう少し具体的に

捜査官モノの中でも、このシリーズは好みでよく見させていただいております。

このシリーズは全体としてストーリーが決まっているため、現在のシーンがどの様な背景や意味を持って進んでいるのかは大体予想できますが、今回は少しわかりにくかった部分が多かった印象があります。

女優さんの演技に関しては、正直ボディラインと行為の中の喘ぎなどに重みを置いているため、その部分に重みをおかなくても良いと思います。

最後の堕ちENDかどうかに関しては個人の好みなどがありますので、それは監督さんの好みにお任せするのですが、やはりストーリーの展開だけはもう少しわかりやすくして欲しかったと感じます。

唐突にシーンが切り替わってしまい、何がなんだかよくわからないシーンが何点かあ理ました。

と言っても、そこまで設定を詰め込むと作品としてよくわからなくなってしまうので、今どの様な状況なのか、洗脳して何をさせるか等、セリフに一言付け加えてくれるとありがたいです。

今回の作品に関しては、女優さんもスタイルが良くとてもお世話になったので星3として評価させていただきます。

逸品

序盤のクールな潜入捜査官から、徐々に洗脳されていき、従順なペットのようになりビッチのようなエロさがたまらないリンになっていく姿が、ストーリー展開と咲々原リンの表現でよく出来ている逸品。

リンちゃんは、パーフェクトなスタイルでいて可愛いシャープな捜査官が良く似合う。

デビュー間もない新人女優さんであるので、その点は特にセリフに表れているが、全部見終え、ストーリー全体からすれば、特に気にするようなマイナス点ではないと思う。

それ以上に、個人的には後半ではたっぷりしっかりと抜けるので、こういう映画的なAVで、しかもしっかり抜けるツボを入れている、よくできている作品だと思います。

この作品に使われているBGMが、個人的には某ハリウッド映画に使われていたのに似ていて良いなっと思いました。

雰囲気を出してると思います。

あと、すばらしいと思ったのは、最後までちゃんと見た人のお楽しみに♪

ぜひシリーズとして続けて欲しいが最後がガックリ

洗脳ということでタイトルみてついに完堕ちかと思いきやこのシリーズは波多野さんのも君島さんのも途中洗脳完了して組織の奴●になっているにもかかわらず最後は洗脳が解け悪の組織を倒すものになっている。

普通のドラマならそれでいいと思うんだがavで洗脳ものだと最後は組織のボスの制欲処理奴●になってかつての仲間の女捜査官を主体的に洗脳するような展開がほしいかなーただ女優さんも綺麗でキャストは良かったのでストーリーをもっと悪役側がハッピーになるようにしてほしい

女に尽くす男たち

冒頭3分で「こりゃだめだ」と思った。

演技力ない女優(しかも新人)に無駄に長い台詞言わせないことです。

エロさと無関係な長台詞を。

目があちこちに泳ぐし、台詞覚えきれなかったのだろう、途中口元だけのカットになったり。

まあ雑な作り。

メインの絡みにしても「何でこんなにつまらないのか」をしばし黙考したが(不毛な時間)、「ぬるい!」との結論が出た。

ほしいままにできる女をイラマとか乱暴したい放題するのかと思ったら、大の男が4人がかりでローターと電マ各2個でイカせる。

挙句にはクンニまで!そんなに女に尽くしてどうする!女をイカせることに執心な男たち。

何と高尚な「大人の遊び」か。

オレが下劣なAVばかり見てきたのか。

ラストも噴飯物の三文芝居。

サンプル動画なしを「不誠実」と見なして★1。

「洗脳 潜入捜査官 咲々原リン」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。