【篠原ゆかこ】勃起しない夫を裏切り、絶倫舅に魅せられ不貞をはたらく可愛い嫁 – 禁断介護 〜肉体を求め合う献身嫁と絶倫の義父老人〜 篠原ゆかこ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

禁断介護 〜肉体を求め合う献身嫁と絶倫の義父老人〜 篠原ゆかこ

老人VS美女でベロベロ、ベタベタと抱き合いSEXするこの変態シリーズ。

今回は、篠原由香子ちゃん演じる嫁が、旦那のインポで悩み、義父の老人から、もっとエッチな仕草をして旦那をその気にさせるアドバイスをもらう。

だが、嫁がエッチな仕草をしていると義父のほうが旦那より興奮してしまい、老人と嫁は一線を超えてSEXするようになる。

相思相愛になった老人と嫁がトコトンやりまくるところが見所です!

「禁断介護 〜肉体を求め合う献身嫁と絶倫の義父老人〜 篠原ゆかこ」の本編動画はこちらから

女優名: 篠原ゆかこ

ギャップ攻撃

まだ主演作品はあまり多くない女優のようだが、かなりレベル高め。

普段は地味な印象なのに、脱ぐとエロい体で、ハメるとさらにエロくなるというギャップがよい。

特にあえぎのエロさはかなりレベル高い。

仕事のことばかり気にして相手にしてくれない夫に愛想をつかして義父とくっついていく脚本もシンプルだがいい感じ。

新しいアイテムとしてパジャマがかなり効果的。

野暮ったい普通のパジャマを脱がすと淫らな色白のボディが、という演出はこれまたギャップがあってよかったと思う。

色白

モンスターぺアレンスのおかげでセックスレス。

じいさん相手にフェラぬき口内発射。

カラミもなかだしといいです。

キスがとてもエロクてイイです

篠原由香子は清楚な感じで良かったです。

篠原由香子は色白.スレンダーボディで髪.顔はふつうで清楚な感じでSEXは好きそうな感じがしますね!見所は前半.夫がインポ気味で欲求不満になり寝ている夫の横でのオナニーシーンで乳房を揉み黒のパンティに手を入れ.脱ぎマ○コを扱きます。

夫を横目で見ながらのオナニーシーンはエロさが良く出ていていいと思います。

顔の表情.喘ぎ声もいいでね!肌もきれいです。

亀爺との絡みでミニスカ.バックでの雑巾掛けでパンチラで挑発してフェラでザーメン口内発射とエロさが良く出ています。

亀爺役の(徳田重男)がこの作品でも存在感を見せていていいですね!ただカメラワークが少し物足りない感じがしました。

後半亀爺との絡みでバックでクンニ.色々な体位でのFUCK.ザーメン中出しとこの禁断介護のシリーズらしさが出ていて良かったと思います。

いいねえー

シリーズではベスト5に入る出来の良さゆかちゃんは特別美形ではないが癒され系で色白美乳がいい演技も出来て清楚な人妻が禁断の罠に嵌り込む様子がそそられる。

徳田爺さんは相変わらず多彩な演技で好演しておりさすがFAプロで鍛えたヴェテラン、老人物では独壇場である希望を言えば最後の絡みでゆかちゃんにもっと卑猥なセリフを恥ずかしそうに言わせて欲しかったプロローグは一工夫が必要ですね

篠原由香子、そそられる女です

タイトルは「禁断介護」だが、内容は嫁が元気な義父に夫婦のセックスレスな関係を相談したところ、義父と性的な関係になってしまうという話で、「介護」から離れて単純に義父と嫁の話にしたのはよかった。

この義父は悪い義父ではなく、息子夫婦の夫婦仲を良くしてやろうと妻が夫にご飯を食べさせたり、もっと刺激的な服装をしたらどうかと提案する。

しかしそれでも夫が乗ってこないので、嫁の方から義父の寝室を訪れてセックスをしてしまうわけで、欲求不満な嫁に付き合う形であるのが特徴。

篠原ゆかこは普通っぽいのがいい。

絡みの反応もナチュラルで、演技っぽくないのが逆にそそられる。

ラストは篠原がもっと積極的なほうがよかった。

勃起しない夫を裏切り、絶倫舅に魅せられ不貞をはたらく可愛い嫁

篠原由香子さんは27~30歳くらいか?大人しそうで地味な印象ですが、肌が色白でとても綺麗スレンダーな容姿にして、乳房の色・形が良く、乳首も完全に上を向いて張りがある喘ぎ声も良く、パケよりも若くて可愛い印象です義父に甘える仕草など演技もまあまあこなすし、調教系の人妻恥悦旅行や、マドンナの近親物・ソフトSMで使えばかなり生きてきそう…作品としては、今までのシリーズ作と同じくらいのテンションですが、嫁舅の息があっていて展開が自然でさほど無理が見えない1回だけですが中出しがあり、ラストは嫁と爺は仲良く台所でやろうといいながら、フェードアウトしてしまうが残念!希望をいえば、不貞を働くもう一絡みが欲しかったまた玩具を使ったり、終日ノーパンで過ごさせ、そのまま病院に行かせ、夫を見舞わせるなどの恥を煽る展開があってもよかった

「禁断介護 〜肉体を求め合う献身嫁と絶倫の義父老人〜 篠原ゆかこ」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。