【竹田ゆめ】少し勿体ない – 竹田ゆめ 生まれたての子鹿の如く崩れ落とす 1日中超ピストン性交

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

竹田ゆめ 生まれたての子鹿の如く崩れ落とす 1日中超ピストン性交

昼間からホテルの一室に連れて来られたワケアリ女子●生は1日中大人たちのいいなりに。

小さなマ●コに肉棒を突っ込まれ朝から晩までひたすらピストンSEXで犯●れる。

立っていられなくなるほどの激ピストンで、少女は生まれたての子鹿のように崩れ落ちていく。

ビンタにスパンキング、イラマチオなど過激な行為も多数。

「竹田ゆめ 生まれたての子鹿の如く崩れ落とす 1日中超ピストン性交」の本編動画はこちらから

女優名: 竹田ゆめ

ドンピシャ!

立ちバックで足が震えるkじあり大好きな私に刺さる企画で即ポチ!期待通りゆめちゃんが○されケイレンしてます。

最初の日中の光に照らされた白い太腿が美味しそうで垂涎モノ。

脅迫スィートルームのような陰鬱な雰囲気も合ってます!

M作品の及第点

ゆめさんのなんとも言えない素人感とウブな雰囲気がハマり多数の作品を見てきました。

行為の最中の可哀想感とオジサンたちに言われるがままただただ従順に従う健気な少女を演じさせたらゆめさんの右に出るものはいないでしょう。

そんな印象を持ってこのDVDを鑑賞した感想としては、今までの作品の中で一番前述した雰囲気を醸し出していたと思います。

健気な少女に決して強烈ではないが、頬ビンタ、太ももビンタ、スパンキング等しっかりと受け止めていました。

個人的には銀次さんがゆめちゃんの手の甲を叩くシーンが他のアダルトビデオには滅多に無く、まったく目立つシーンでもないが、興奮致しました。

数人の男達のいいなりになり廻されるシーンは圧巻です。

まだ発展途上のゆめさんではありますが、個人的にはもっとビンタやスパンキングを増やし、恐怖で怯える本格調教ものが見てみたいという気持ちが増しました。

今後の作品に期待を込め星4です。

どうなんだろう。

感じてるのか??ムリヤリなのか??演技なのか??観ていて、ちょっとどうなんだろうと思ってしまった作品。

設定やシナリオに合わせるのは良いのかも知れないけど、そこまでしなくてもって思った内容。

イマイチでした。

やってほしかった立ちバックの反動入れ

破壊するための完璧受け身玩具、竹田ゆめ嬢の作品というだけで高評価したい。

小顔で愛くるしい顔立ちと、完璧なボディーライン。

とにかく細くてものすごく綺麗に凹んだウエスト、太くて長大な張り型や男根であれば間違いなくその形を浮き立たせて膨らむはずだ。

想像するだけでゾクゾクする。

締まりのいい美しい脚体に不釣り合いな凶器で不格好なまでに体の変形を楽しむのはバックが一番。

しかも痛みで前に行こうとするところに反動を使ってボキと壊れる音が聞こえてきそうなほど強烈に膣底を突き壊してくれて、まさにゆめのような内容だ。

とにかく体格差バッチリな男優たちがひたすら立ちバックで寄ってたかって許容範囲を超えた極太を情け容赦なく叩き込む。

引っ張り起こして子宮への直撃はもちろん、膣底含めたキツキツな膣内全体を徹底加虐。

突っ込まれるたび膝ガク状態で棒立ち状態。

下半身は完全に彼女のものではなくなった。

無抵抗のまま、苦痛をこらえる表情も哀愁が漂ってめちゃくちゃいい。

目を開かせると気絶状態の焦点ずれした無様な眼差しがなんともいい絵になっている。

これほどの美少女を壊しきれる男優たちが本当に羨ましい。

美しく華奢でちょっと加虐を与えただけで簡単に壊せそうなゆめ嬢。

筋骨隆々で凶暴な男優たちがこれほど無茶をすれば激しく粉砕できることが容易に想像がつく。

徹底した立ちバックでこの玩具をお構いなしに渾身の力をもって元に戻れないくらいぶっ壊してやりたいという悪魔たちの意思がはっきり伝わってくる。

実際彼女のヒップは叩き込みによる痣が残っていて恒常的に体を痛めつけられていることがわかる。

その醜い痣に、完璧で美しい自分の脚体を男たちに惜しみなく捧げて、力任せに壊されることを受け入れる覚悟と喜びを感じ取れる本当に愛おしい真性マゾヒスト女優の一人だ。

ゆめは可愛いが、

産まれたての子鹿がどんな格好なのか知らないけれど、この作品は3つのパートからなっている。

1つ目は日中、高校生の制服で犯●れ、2番目は夜、赤のランジェリーと犬の首はを嵌められて股間にバイブを入れられて嬲られ、挙句に4人に激ピストンで輪●され、最後が全裸に縄で縛られて銀次に嬲り尽くされて犯●れる。

初めから最後まで両手を床について腰を上げて脚を大きく開いて犯●れる姿勢に終始し、ゆめの表情も全く変わらない。

感じているのか、いやいややらされてるのかも全くわからない。

頑張っているのはわかるけれど。

それだけの作品である。

ゆめの作品は、レズものと前回の作品以外は全て購入して来たが、今回の作品は全く期待外れであった。

髪の毛を切った男装ものが人気がないようだが、ゆめの作品の中ではもっとも犯●れ方も輪●ものとしても、ゆめの辛そうな表情も、感じている表情も素晴らしくて良かったと思う。

次回の犯●れないゆめに期待しようと思っている。

生まれたての…にこだわり過ぎ

無理やり●す設定やゆめちゃんの嫌がる表情は最高ですがタイトルの生まれたての小鹿のようにバックで責めるばっかりでイマイチです。

最後の両手縛りはイイですがアソコを弄られ途中で倒れこんで中断するのがイライラします。

これなら両手縛りで吊るしてイキそうになってもそのまま責められるほうが良かった。

バックも縛ったまま伏せバックで責められ泣きながらゆめちゃんがイク展開ならもっと抜けたのに残念。

全体に挿入までのエロさが足りませんでした。

(AV)女優として演技が上手くなったなあ、と

脅迫スイートルームの雰囲気の中、ゆめちゃんの怯えた表情が相変わらずそそりますね。

彼女は、プライベートセックスでは、恐らくデビュー当時の作品内で見せた反応に近い、マグロなのではないかと思います。

ここ最近の作品では、感じてイッたかのように体をビクンビクンさせることを覚え、涙を流したりもして、見せるセックスの演技が上達した感があります。

この作品はその集大成でしょうか、私はこれで彼女の作品を追うのを一旦止めます。

今後彼女は、もっと可愛らしいあえぎ方や、あえがない演技、メリハリを身につけてもらいたいです。

そうしてもっとそそる女優になったら、また彼女に戻ってこようかと思います。

立ちバック好きに贈る傑作!

いろんな体位の中で男の支配欲をもっとも刺激するバック、それも床に手を付かせた立ちバックにひたすら拘った本作品は最高です。

まさに、尻だけをよこせという欲望の捌け口的な征服感で、フェチ心の一番手の届かないところにガッツりハマる感じが堪りません。

出演の竹田ゆめちゃんも小柄で清楚でいたいけな感じが、まさに男に蹂躙される小動物というイメージにピタっとはまるキャスティングで文句なしです。

シーン1は明るいホテルの一室でJK制服のゆめちゃんを着衣のままバックで責めまくる展開でドストライク。

何度も絶頂を迎えても止まらないピストンの嵐で、脚はガクガク、崩れ落ちてもすぐ引き起こされ休む暇もなくピストンピストンピストン、果ては力尽きて潰れバックになっても解放されないピストン地獄は最高。

室内で場所を変えながらでもバックに拘り続けるのもいいですね。

シーン2以降は、その後の慰み物としての扱い感が出てきて、縛りに拘束など余計な要素が追加されますが、それでも、何人もの男に囲まれ立ちバックで責められ続けるゆめちゃんは見応えがあります。

扇情的な赤いランジェリー姿にされロープにつかまらせて自分で立ち続けさせるバック責めは何度も崩れ落ちそうになるのを必死でこらえる感も出てナイスアイディア!ただ、トレーニング器具からのロープなので、周囲にフレームがあるのに何故ロープ?となってしまうので、普通に天井からロープの方が、より良かったなと。

ただのバック責めだけでは単調になるのでオモチャ責めなども織り交ぜているのもナイスです。

シーン3は一人が相手ですが、より不便な両手拘束が追加された全裸の立ちバックで、さすがに姿勢を保てずベッドに寄りかからせての潰れバック責め。

ですが、ここまでの積み上げがあるので一日中責められ続けた感でなんともいえない達成感とゆめちゃん側の果てしない絶望感があってこれはこれでよし。

個人的にはジャケットにもなってるシーン1が最高でした。

少し勿体ない

初めの場面は、被虐的で悪くないけれど、ゆめさんのしなやかな肢体と愛らしい、お顔が見えないのが残念。

「竹田ゆめ 生まれたての子鹿の如く崩れ落とす 1日中超ピストン性交」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。