【蓮実クレア】エロ場面がAVになっていない – 聖心特捜隊セイントフォース2 〜聖女の性態観察〜 蓮実クレア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

聖心特捜隊セイントフォース2 〜聖女の性態観察〜 蓮実クレア

3ヶ月振りの休暇、自宅で隊規違反の逢瀬を楽しむブルー・フォースことクレア。

不意の襲撃!変身妨害に苦戦を強いられ禁断のシステムで撃退するも僅かに及ばず、その鍛え抜かれた艶やかな肉体とプライベートが蹂躙される。

ピンク=ミホが魔の手に!我々の秘密が敵に!?彼の眼前で恥辱凌●。

苦悶し耐え忍ぶクレアに残忍さが充ち満ちてゆく!「セイント・フォースの交尾じっくりと観察させてもらうとしよう、ふふふ。

」[BAD END]

「聖心特捜隊セイントフォース2 〜聖女の性態観察〜 蓮実クレア」の本編動画はこちらから

女優名: 蓮実クレア

いつもの特撮系

敵の奇襲に会い、緊急システムで変身し応戦するも攻撃を跳ね返され返り討ちに会い敵アジトへ連れて行かれます。

そこでは手足を固定されお尻を突き出した姿で拘束されて挿入までされてしまいます。

最後は挿入し続けないと死ぬという変わり果てた恋人とヤって終わりでした。

犯●れる時は興奮しましたが、強敵に一方的にやられて犯●れる、いつもの展開でした。

エロ場面がAVになっていない

蓮実クレアのアクション&演技もかっこいいし、物語のテンポもよいです。

他社のヒロインAVでは見られない、ギガらしい、よくできたコスチュームや設定も魅力的。

しかし、肝心のエロ場面が、なんともナマヌルく、物足りません。

蓮実クレアの艶技がよいので救われていますが、凌●セックスの大半は腰を密着させて揺さぶるだけ。

「ああ、大きい…」とか、「奥に当たる…」とか、ヒロインの心の声が随所にかぶさってエロい雰囲気を盛り上げますが、それを実証するような長尺ストロークのガン突きを見せる画は全くありません。

つまり、ほとんど疑似。

シラケます。

大昔のビデ倫レンタルビデオじゃあるまいし、いまやAVで本番性交を見せるのは基本中の基本であり、ちゃんと挿入していることが判るような映像にするのは当たり前。

真正2穴責めも真正フィストファックも、いまや少しも珍しくありません。

なのに、本作は…一般的なAVで普通に行われているような性的行為は、当然きちんとやる。

それでいて、なおかつ「よくできたスーパーヒロインの物語」や「すぐれた特撮ドラマ」であること、それこそが私がギガに求めていることです。

それを期待してもよいだけの価格なのですし。

そもそも、ギガの関連レーベルのZENピクチャーズでは、AV女優が主演した特撮ヒロインの一般作をいくつも出しており、その定価は5千円弱で、ギガ作品の半分以下です。

つまり、特撮ドラマはこの値段で実現可能ということ。

一方、アタッカーズやマドンナやその他のメーカーのドラマAV作品は、定価でも3千円~4千円。

特撮ドラマとドラマAV、両方合わせても9千円。

ならば、定価1万円強もするギガ作品で、どうしてもっとちゃんとした特撮ヒロインドラマAVが作れないのか。

企業努力を放棄している(ユーザーをナメている)としか思えません。

買収されるか資本投下されるかして、CA(アウトビジョン/北都)かKMPの傘下にでもなってくれれば、すこしは改善される…かな?

「聖心特捜隊セイントフォース2 〜聖女の性態観察〜 蓮実クレア」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。