【羽咲みはる】コミカルテイストですが、羽咲みはるさんの魅力が詰まった傑作です。 – ノーブラおっぱいで全力アピールしてくる彼女の妹と、誘惑に負けちゃう最低な僕。 羽咲みはる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ノーブラおっぱいで全力アピールしてくる彼女の妹と、誘惑に負けちゃう最低な僕。 羽咲みはる

彼女の妹が彼女より可愛くて巨乳で僕のことを大好きで常におっぱいで誘惑してきたら…あなたは我慢できますか?…この作品は我慢できなかった男の物語。

寝起きの時、お風呂の時、彼女が仕事で出かけている時…常ににやにやセックスアピールしながら「エッチしよ?」とせがんできます。

誘惑に負けて幸せになったかどうかは、その目で確かめてください。

「ノーブラおっぱいで全力アピールしてくる彼女の妹と、誘惑に負けちゃう最低な僕。 羽咲みはる」の本編動画はこちらから

女優名: 羽咲みはる

ジャケ写で即買い

ジャケ写の衣装がたまらなく興奮した!この手のニットは脱がずにぷるんっと乳を出す感じがいい。

バックで突いてる時に乳揺れをアップにするカメラワークもよかった。

羽咲みはるもすごいよかったけど、同じ感じの構成で別の女優さんでも撮って欲しい。

タイトルでノーブラを押してても最後は全裸という作品も多いのでこれは期待を裏切らない良作だった。

姉役の名前が分からん

知ってる人教えてください。

羽咲みはるちゃん、巨乳で可愛いなー

シンプルにオススメ。

実はそれなりの歳なんだけど、妹役が天才的なみはるちゃん。

現時点で彼女の妹モノの傑作はやはり本作でしょうか。

S-1の人気シリーズの1作目はここから始まったわけです。

もうね、タイトルとジャケ写だけで勃起します。

本作が予約開始した当時、中学生みたいに見た瞬間勃ちました。

めちゃくちゃヤリたいって思いましたし、思いませんこれ?笑各チャプターでソフトSに責めてきて絡みます。

本作がいいのはチャプターの間にも短くセックスシーンが入ったりして、主人公がみはるちゃんと濃密な性生活を送ってることが窺えるところです。

作り込んでますねー。

みはるちゃんとしたいこと、やってほしいことを一通り味わえるので、彼女のファンならこれはマストでしょう。

全て着衣SEX

本編の絡みは全て着衣SEXでしたね。

けど、それがより胸を強調し、多少ぽっちゃりなみはるちゃんにすごくあってて興奮しました。

役のキャラも妹らしく、甘え上手なソフトSで完全にハマり役でした。

姉を含めたSEXとかはないですが、羽咲みはる自分からどんどん積極的なSEXをしてくれていたので、満足の満点評価です。

かわいい!

羽咲みはるちゃん、かわいいです。

明るいし、妹っぽい雰囲気もあってるしすごくいいですね。

パイズリもすごく気持ち良さそうです。

スタイル抜群!

女優を活かした素晴らしい作品です。

オッパイ星人なら買って損なしな作品だと思います。

ちょ、、お姉ちゃん役!

みはるんを引き立てるためでしょう…お姉ちゃん役の方が、いろいろチョウドイイ感じなんですよね。

男優さんがおどおどしてあまりうるさく喋らないので、男性としては作品に集中できるのではと思います。

そしてあらゆる手段で仕掛けてくるみはるんがまぁかわいい!キュンキュンします。

しかし残念なことに私はみはるんのアイ●チが気になりました。

こういう見つめる系は自然な方がいいなぁ。

衣装のデザインや素材感にこだわりを感じました。

かわいくもエロくも見えるもので、とても良かったです。

まいりました!

可愛い、みはるちゃんが主観で誘惑・迫ってくる、演技のできる娘なのでついつい引き込まれてしまう!

お姉さんがいい感じ!

みはるちゃんももちろんですけど、姉役の方がいい感じ。

名前知りたいですね。

衣装がいい!

特におすすめはパケ写の胸にスリットの入ったやつ。

縦スリットもある。

巨乳グラビアではちょっとした定番だけれど、どうせ見せるAVでは使われてこなかった。

しかしグラビアでいいならAVでも効くに決まっている。

Tシャツ、シースルー…どれも可愛いし、何より巨乳を際立たせる。

演技もいかにもな可愛子ぶりっこだけれど、直球のアイドル系がやっているのでハマっている。

胸、デビューの頃よりすこーし大きくなってないかな…

非常にいい作品!

主観好きの方にはオススメです。

アップで誘惑してくる彼女はすごくかわいいです。

主観作品は特に演技が重要だと思いますが、以前より進歩してるかな。

破壊力抜群

このフェイスでオッパイ全力アピールされたらどの殿方も堕ちますね。

凄くかわいいです。

凄くかわいいです。

仕草もいいですね。

お風呂の場面が特によかったです。

これは…

サイコー!みはるちゃんはここんとこのイチオシだから結構甘めになりがちなんだが、これはほんとよかったです、エロカワ小悪魔感がサイコーちんこが小さくなれませんw

かわいいな。

かわいすぎる。

完全にやられました。

他の作品もチェックします。

カワイイ誘惑

色気があるわけじゃないけど、可愛らしさを振りまいての誘惑には、そそられます。

主観映像もアングルが絶妙で、いやらしいですね。

抜けました。

撮影が丁寧で、みはるちゃんの良さがよく出ていました。

良かったです。

我慢できませんでした

羽咲みはる嬢の作品で初めて興奮を抑え切れませんでした。

彼女はこういった「かわいくて・ソフトS」みたいな作品は合っていると思いました。

またおっぱいの生かし方も秀逸です。

簡単に脱ぐわけでもなく、だけど脱がせそうで、そそるおっぱいの映しかたです。

小悪魔みはるちゃん

他の方が書いている通り、みはるちゃんが超かわいく、アップがかわいい主観もよく、ストーリーもまあよくて、飽きずに観られていい作品だと思います。

柔らかそうなおっぱいも最高ですね。

すべて着衣で、最後ぐらい全裸のみはるちゃんが見たかった。

余談ですが、お姉ちゃんの絡みも少し見てみたかったです。

よかった

最初の衣装でもう当たりだとわかった。

みはるの誘惑もよかったです

妹っぽい

ジャケ写にある胸元の開いたグレーのニットが印象的でした。

ただ、オープニングに出てきた胸元が編み込んである白い服がセクシーで期待したんですが、その後まったく出てこなくて残念でした。

家の中だから部屋着とはいえもっと衣装に凝ってほしかったです。

そんなわけで星一つ減点です。

抗えない(笑)

こんな子に誘惑されたら喜んじゃいます。

拒否できる人がいたら見てみたい。

揺れる揺れる

ノーブラだから、服を着てても、おっぱい揺れまくりです。

本当に美乳です。

!!!

こんな妹ほしすぎる!乳輪大きめだったけど可愛くて巨乳なので気にならないです!

こんな妹むしゃぶりつくわ

「お兄ちゃん」を連呼して誘惑してくるみはるちゃんにメロメロ。

特に妹モノが好きなわけではないのですが、この作品のお陰で目覚めてしまいそうです(笑)元気で可愛いみはるちゃんの魅力がよく活きていると思いますよ。

タイプじゃない。

この女優さん、やっぱりタイプじゃない。

おばさん顔なのが、特にダメだ。

あと、陰毛が綺麗に処理されているのが、どうしてもプロっぽくてだめ。

さらに肉が鍛えられていなのもだめ。

彼女になってほしい!

こんな最高のおっぱいを持つ子に誘惑されたら、すぐ降参です。

参りました、付き合ってくださいってなっちゃいますね。

現実だったら(笑)

評価が高いのでDLしたけど

羽咲みはる、は初見。

身体も顔も、私の好みではなく、中身もトロトロしていて…。

それにしてもモザがでかくて、2016年末あたりから…。

はまり役

顔もスタイルもしゃべり方も全部小悪魔的に誘惑してくる妹役に向いてます。

こんなエッチなみはるちゃんに誘惑されたら絶対にお姉ちゃんから乗り換えるよ。

コミカルテイストですが、羽咲みはるさんの魅力が詰まった傑作です。

B86-W59-H84(Fカップ)で身長151cmの低身長かつ巨乳でむっちりとした肉感のあるお身体と、童顔といって差し支えない愛らしいルックスとを併せもつ、羽咲みはるさんの妹属性の浮気シチュで、かつ着衣セックス特化と中々に欲張りな作品です。

羽咲みはるさんは、元々アイドルグループで活動されていた方ということもあり、演技力のある女優さんです。

それでいて、所謂「ロリ系」に必要なものを全て兼ね備えている上に、実際の動画でも、甘めの声と甘え上手な雰囲気とが独特な雰囲気を醸し出しており、その手の嗜好をもつユーザー様には、至高の女優さん足りえる存在と思います(もちろん筆者もその1人です)。

本作の話に戻りますと、DMMさんで検索をかけていただければわかることと思いますが、(少なくとも筆者が本レビューを執筆している段階で)羽咲みはるさんの動画の中ではトップクラスの高評価を得ている動画で、代表作の1つであると思います。

内容としては、ほとんどタイトルそのまんまですが、要は「羽咲みはるさんが、所謂童貞を〇す系の服(表現が古いし、誤用だとも思います)を着て、エッチに甘え、迫ってくる」動画となりますが、他のユーザーさんも挙げているように、なにげに着衣セックス特化の作品で、全てのプレイで半脱ぎをキープしています。

また、主観視点が多く(家の中でバレない様にセックスをするのがシチュの前提となっているため、プレイの関係上、主観で撮った方がよかったのだと思います)、タイトル以上に欲張りな作品となっています(ちなみに、おっぱいの表現も俊逸です)。

一応浮気モノになるのですが、作品全体がコミカルテイストで(エロ漫画によくある「こんなエッチなこともありました」的なダイジェストシーンも入るので、意図的にそういう脚本になっているのだと思います)、オチも「お姉ちゃん二股かけられてたんだよ」→「そ、そんな~」という、うん、こういう昭和テイストなエロ漫画あるわ、という感じで締められているので、後味が悪いというようなこともなく、ある意味、安心して? 観られる作品となっています。

長々と書いてしまいましたが、上記のような内容が、羽咲みはるのタレント性と非常にマッチしていたというのが、本作最大の魅力であると思います。

ファンの方はもちろんのこと、童顔低身長巨乳の美少女に小悪魔的に攻められたい方には是非おすすめです。

「ノーブラおっぱいで全力アピールしてくる彼女の妹と、誘惑に負けちゃう最低な僕。 羽咲みはる」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。