【蓮実クレア】夫の愛を感じながら夫の前で犯●れる快感という新解釈 – 夫の目の前で犯●れて― 愛されていない私 蓮実クレア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

夫の目の前で犯●れて― 愛されていない私 蓮実クレア

日々、激務に追われるヒロシは、溜まるイライラを妻・さくらにぶつける。

そんなヒロシの態度から、「わたしは、夫に愛されていないのかもしれない」と疑心暗鬼に陥ってしまったさくら。

そんなある日、家の風呂のシャワーが壊れてしまい修理を依頼するさくら。

修理に訪れた業者の男・佐川は、さくらを一目見て…。

「夫の目の前で犯●れて― 愛されていない私 蓮実クレア」の本編動画はこちらから

女優名: 蓮実クレア

夫の愛を感じながら夫の前で犯●れる快感という新解釈

脚本、演出、演技すべてにおいてレベル高め。

女優はあいかわらず硬めの豊胸だけど、中身を入れなおしたのか見てる側が慣れたのか、昔ほど違和感を感じない。

夫に愛されていない絶望感、たとえレ●プであっても女として求められる悦びとプライド。

割とありがちな筋書きだが、女優が円熟の演技力で素晴らしい間の取り方を見せ完成度高め。

夫もただの冷血漢ではなく美人妻へのコンプレックスに悩む人間味を加えたことで、夫婦の悲しいすれ違いが作品の味わいになっている。

最初の本番が疑似ハメくさいのはよくあることとはいえ、値段を考えるとやはり減点事項。

その代わり2回目の本番は内容がいい。

特に中出しを予告された人妻が、妊娠する可能性に悩んだ末に受け入れる背徳感が素晴らしい。

女優と佐川の演技力あっての完成度だろう。

呼吸が合ってないとなかなかこうはいかない。

最後も夫に愛されていたことを知ったうえで、夫に見られながら他の男に犯●れることにたかぶる人妻の「歪み」が最高にインモラル。

女の骨太感が増してきた最近のなぎら作品と比べると線が細いただのメンヘラという気もするし、最後は夫の存在感がなさすぎて完成度を下げた感もあるので最高点を出すほどではないが、焼き直しに終わらない個性という点では高く評価されていいんじゃないだろうか。

この作品を叩き台にしてさらに解釈を掘り下げる価値はあるような気がする。

「夫の目の前で犯●れて― 愛されていない私 蓮実クレア」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。