【卯水咲流】「義父と嫁」の関係・・ – ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい… 卯水咲流

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい… 卯水咲流

夫・圭介と二人、幸せな暮らしを送っている妻・咲流。

圭介が仕事でいない時間を見計らってちょくちょく卯水家に金をせびりに来ていた義父・和雄は、ある日とんでもない光景を目の当たりにしてしまった。

訪問販売員の男に咲流が襲われていたのだ。

なんとか男を追い払い、咲流の危機を救った和雄。

「お義父さん、助かりました」…感謝の気持ちでいっぱいの咲流に対して、和雄がかけた予想外の言葉は…。

「ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい… 卯水咲流」の本編動画はこちらから

女優名: 卯水咲流

今後,さらなる進化に期待

義父に犯●れる設定の卯水咲流。

最近,ハードなプレイが多い中,このAVは,ドラマ調の内容で,プレイは甘め。

でも,強烈なイラマを受けるシーンでは,「強い口性器だ」と感じるし,美形のお顔が好みなので,フェラシーンは抜けました。

そして,拒否しながらもオ○ンコはヌレヌレ,SEXでは,喘ぎイキまくり。

デビューは,「MUTEKI」からだったけど,性的にエロ強く進化している卯水咲流。

今後,さらなる進化に期待す。

わりと好みの監督だったが…

「もう許して下さい、お父さん」のセリフ一本槍。最後までまるで◯◯の一つ覚え。このシリーズは女優は無論、毎回、佐川銀次を愉しみにしているが、本作の台本が悪いのだろう。全編が単調だし、佐川独特の良い所が一度も出せない。佐川銀次は「ヤラしさ」が出せる人。その中でも独特のホットさも同時に表せる人。陰湿・陰惨ダケの男優なんかじゃない。『超』が付く一流のAV男優ですよ。出演の女優の名前も、習い物の師匠が勝手な好みで付けたような、読む気も覚える気もしない名前。演技力はもっともっと有りそうに感じたので、台本が終始一本槍だったから、良さを多様に発揮しようも無かったのは気の毒。☆1は、台本のせいにしておきます。

「義父と嫁」の関係・・

おじいちゃん(銀二さんのことを僕はそう呼んでます)、相変わらず良い仕事してますよね。

嫁に罠を仕掛ける時の狡賢な顔、追い詰める時の鋭い目、嫁を突き上げエクスタシーに追い込んだ時のドヤ顔・・・完璧!咲流さんはとても綺麗です。

そして何よりスタイル抜群。

あの綺麗な顔が、無理矢理ちん〇〇を口に突っ込まれて歪んでいくシーン、グッときました。

犯●れて、汚されて、墜ちていく様は圧巻です。

是非、お勧め・・・です。

「ヤラしい義父の嫁いぢり お義父さん、もう許して下さい… 卯水咲流」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。