フェチ心を存分に満たしてくれる作品 – 究極の制服チラリズム 第四章

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

究極の制服チラリズム 第四章

誰でも経験した事のある、呼吸すら止まりそうなあの感覚。

観ているだけであの頃の感覚がよみがえり、明日への活力すら沸いてくる大人気「制服チラリズム」第4弾!

【※特典映像・特典画像等は収録されておりません】
【※この作品はイメージビデオです】

「究極の制服チラリズム 第四章」の本編動画はこちらから

方向性は間違ってないが、もう一歩

R15指定さえ外れて全年齢対象になったことでエロレベルがどの程度のものになるかと思ったけれど、むしろ本当の意味でのチラリズムと想像力と妄想をかき立てる撮影で、イメージビデオとしてはよくできていると思う。

これ見よがしに「見ろ!」といわんばかりのパンチラはチラリズムとは言わない。

前作で要望のあったブラチラ、谷間チラもあるけれど、メインはやはりパンチラ。

個人的にはもっとブラチラも見たかった。

楽器できないのに演奏しているフリだけしているのは痛い。

リコーダーでいいのでは?ヘッドホンで鑑賞していると、時々、監督の指示らしき声が聞こえてくるのが気になった。

他にも別録りの音声をループさせているところとか・・・。

デジタル写真集、薄青の帯が邪魔。

シリーズでいちばん好き

今までの3作と比べると、見せすぎないギリギリなチラリズムが多くて、良いですね。

ふざけてブルマが濡れるところとか、違和感なくエロっぽいのがとてもよかった。

自転車の調子見てるところとか、いろんなシチュエーションよく考えるな~って思いました。

黒髪の子が増えてたのも、個人的にうれしかったんですが、やっぱり派手めな茶髪の子が出てくると、ちょっと安っぽい印象受けてしまうので、☆5には届かなかった感じです。

フェチ心を存分に満たしてくれる作品

私はセーラー服フェチです。

特にセーラー服の腹チラや背中チラに、とてつもないフェティシズムを感じますので、このシリーズは全作品大満足です。

腹チラは動画や画像で時々見かけますが、背中チラはなかなかありませんので、とても新鮮でした。

特にこの第四章のセーラー服での黒板消しは、第一章の窓際でのシーンや第三章の鏡拭き以上に、フェチ心を満たしてくれました。

いろんなフェチの方がいらっしゃるとは思いますが、セーラー服の自然な腹チラ背中チラフェチにとっては最高のシリーズだと思います。

第六章の早期発売を願います。

「究極の制服チラリズム 第四章」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。