リアリズムとは対極にあるような滑稽さが突き抜けて楽しめる作品 – 「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 ゆい

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 ゆい

成人向けコンテンツを取り扱うアダルト総合サイト。

18歳未満の方のアクセスは固くお断りいたします。

「「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 ゆい」の本編動画はこちらから

そこまでしなくても

里仲ゆいちゃんかわいいです。

かわいいけど、制服が似合うタイプではない。

そのゆいちゃんに制服を着せるためにこんなストーリーになったのかなと思います。

セックスは単調でおもしろくなかったです。

役の設定が良くないような気がします。

ややこしい事情絡みだな。

女優=里仲ゆい父子家庭で育った女子高生がある日進路相談し、そのあと父が倒れた。

学費を払うためデリヘル嬢バイトするが、恩師に勘づかれ、パコパコ。

快感に溺れていく里仲ゆいのイキっぷりは半端なくて美乳を揺らすほどの激ピストンで喘ぎまくる。

大傑作なのだが、ややこしい事情を挟むなと言いたいな。

リアリズムとは対極にあるような滑稽さが突き抜けて楽しめる作品

【背景】1年前、父子家庭の苦しい家計を心配して進学を諦めていたゆい。

ゆいの才能を伸ばしたい陸上部顧問の説得で体育大学への進学を志望した事情が、過去の回想シーン等で語られる。

【人物設定】・里仲ゆい :体育大学に進学したが奨学金免除(正しくは学費免除)の基準を満たせない。

・ゆいの父親:娘を大学に進学させるために働き詰めの結果、過労で倒れて入院した。

・山口先生 :高校教師。

ゆいが所属した陸上部の顧問。

実はデリヘルマニアだった。

【概要】学費、生活費、医療費など稼ぐために始めたデリヘルバイトの客として高校時代の恩師、山口先生と再会した。

それからの山口先生とゆいの性的な関係の進展が描かれる。

【見どころ】(1)SCENE1(9分)冒頭、下着姿で腹筋運動をする「ゆい」のモザイク越しの局部が美しい。

数秒だけ局部に接写。

他に性的な場面なし。

(2)SCENE2(20分)デリヘルバイトの客が偶然にも山口先生だった。

即尺オプションで始まり、そのまま玄関でフェラと手コキだけで終えた。

(3)SCENE3(36分半)山口先生から本指名でコスプレコース90分。

体操服に着替えさせて性行為。

ナマを嫌がるゆいに対して先生が金に物を言わせて強引に生挿入。

ゆいは何度も往かされる。

最後は中出し饅股を広げて鑑賞される。

(4)SCENE4(17分)天井から吊るしたロープと手枷でゆいを拘束し、全身ローションまみれにして玩具責め。

(5)SCENE5(17分)ゆいの自宅に山口先生が押しかけて来る。

父親が席を外した隙に、ゆいを弄んで結局は中出し。

その結果、ゆいはデリヘルを辞める。

(6)SCENE6(27分半)辞めたデリヘル店から懇願されて復帰。

山口先生宅のリビングで女子高の制服プレイから始めた後、全裸セックスで散々往かされたゆいは、自分から先生に中出しを懇願するまでになった。

これに感激した先生は、その後もゆいを指名し続けると約束する。

【最悪の台詞】(1)において「奨学金が免除される」という台詞が何度も繰り返されるが、正しくは「学費が免除される」または「奨学金が支給される」と言うべき状況だった。

無知な作者が書いた台本に対して、誰もその間違いに気付かずに制作されたとは驚きだが、その滑稽さも楽しめた。

「再開」の誤用をそのまま押し通す制作者の無神経にも合致していて面白い。

「「先生、私、進学します」進路まで決めてくれた大事な恩師とデリヘルバイトで再開。 ゆい」の本編動画はこちらから

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。