女体拷問研究所-SPECIAL EDITION- THE THIRD JUDAS(ユダ)Episode-13

女の中に潜む凄まじい絶頂性能を引き摺り出し、驚愕のオーガズムを与える事により屈服させようと言う犯罪集団、女体拷問研究所。

そして、女性の尊厳を踏みにじる鬼畜のごとき輩を殲滅する為、勇敢に立ち向かう女性捜査官たちも次々と餌食になっていった。

そんな中、‘くノ一’の系譜である謎の組織「姫川宗家」が鬼畜集団壊滅に向けて動き出す…。

残酷な絶頂を繰り返す女性たちの美しさと気高さを圧倒的にリアルな映像美で贈る!

「女体拷問研究所-SPECIAL EDITION- THE THIRD JUDAS(ユダ)Episode-13」の本編動画はこちらから

女優名: 一条綺美香, 神波多一花, 天河はるひ

良いと思いますよ

うーん、SPECIALEDITIONですが・・複雑なシチュエーションを考えましたね。

ボケッと見ていたらよくわからないかも。

でも一方では「次はどうなるか?」という期待がふくらむ良い設定とも言えます。

前作ラストシーンの花咲いあんさんも出てますし。

結局、星4つにしましたが、このあたりの評価は好き好きで分かれそうな気がします。

美熟女一条綺美香さんへの責めは普通だと思います。

全体的に(他の女優さんも含めて)、くノ一ということですから、拘束具ではなく縄を使っているのはよく合っていると思います。

天河はるひさんは人気ストリッパーだと思いますが(平成のくノ一はブラとTバック?)、せっかくきれいな女優さんが出演したのに網タイツ(鎖帷子?)で肌がほとんど見えない・・のはおかしいのでは?彼女、足が長いんですね。

最後の開脚責めで、あの縛り方では足先で肝心なところがカメラから蹴られてしまいます。

当然、M字などの方が良いわけですが。

神波多一花さんの出演部分は、次に続く・・という感じでしたが・・。

いつ見てもつまらない作品

同じ言葉ばかりで単に女優をいじめているだけマンネリ化でつまらない作品

長いだけ

責めは特に普通。

3人出ているがそれだけ。

残りの2人は量が少ないため添える程度という認識で良い。

神波多一花はベイビーのその他のシリーズ作品にすぐ出ているので、続編を出すというのなら他シリーズで起用しない方が正解と言えるのでは?大風呂敷を広げて自らそれを潰す辺りが本当に残念なメーカー。

「女体拷問研究所-SPECIAL EDITION- THE THIRD JUDAS(ユダ)Episode-13」の本編動画はこちらから