美上セリ

【美上セリ】積極的で良い! – 猥褻モデル 美上セリ

猥褻モデル 美上セリ

美しきヤリマンモデル・美上セリのSEX三昧のプライベートを激撮!!カメラマンとスタジオで顔射FUCK、元彼とのコスプレFUCK、仕事の合間にマネージャーと、セフレおやじと2回戦のヤリ放題!!年中無休で発情中!!

「猥褻モデル 美上セリ」の本編動画はこちらから

女優名: 美上セリ

モデル並

私好みの美顔です,美上セリ。

ボディーも素晴らしく,素材はモデル並です。

ガンガンシゴくフェラ顔が抜けます。

騎乗位も激しいし,オ○ンコも強そう。

抜けます,美上セリ。

村山恭助監督作品かぁ

本番回数は5回もありますが、そのうち2回はハメ撮りで、最悪なのは監督自らのハメ撮りです。

その他のセックスも見所が無く、女性上位のうまいセリちゃんの個人技に助けられているだけの作品です。

こんな監督が長く制作を続けられるのは、なぜなんでしょうか?

薄い

顔は美形になるのかな?そんなに好きなお顔ではないです。

でもスタイルは結構好き。

雰囲気はあるし、やる事はやってる女優さんですが、淡々とこなしてる様にも見えるかな。

作品は、見終わった後にあんまり印象に残らなかったです。

まぁ

女優さんの素材もいいし、スタイルなんかは凄くいいんだけど・・・なんとなく垢抜けしてない分、エロさにかけたかな

つまらなかった …

セリの単体を見るのは4本目。

3作、みんなよかったけど、これは暗い映像が多く、これだと動画ではテキメン(?)に見ずらくなり、そのせいもあって作品に溶け込めなかった。

>ハメ男(監督?)の野暮ったいトークには>閉口しましたがいやはや、まったく。

こういうの、他にも多いんだよなあ。

スレンダー好きご用達ボディ

ちょっとずつはAV嬢として成長しているセリちゃん。

この作品でも、積極的というか意欲的というか自主的な絡みの様な気がした。

もっと、色々なシチュエーションのHに挑戦してみて欲しい。

表紙より実物がいい

セリの作品はなぜか表紙写真が悪い。

女優としては天下一品なのに。

ハメ撮りは・・・

女優はすごくキレいではないけど普通にキレいでスタイルはかなり良いです。

モデル体型です。

プレイは女優も積極的でかなり良かったです。

シックスナインがそそられました。

ハメ撮りが2回もあってカメラはぶれるし置きっぱなしにするしハメ撮り好き以外の方はキツいと思います。

他のプレイはホテルでのシーンは少し照明が暗いかなと思います。

1回は照明も明るくてまぁ良いんじゃないかな~他の作品はどんなのかなと気になる女優でした。

積極的で良い!

ハメ男(監督?)の野暮ったいトークには閉口しましたが、セリも不機嫌そうにしてたのでイイ気味でした。

エッチシーンはどれも良かったんじゃないだろうか?だんだんとオープンになってきたようだ。

「猥褻モデル 美上セリ」の本編動画はこちらから

【渚, 小川あさ美, 芦名未帆(稲森しほり), 水城ゆう, 高原彩★】満腹の性欲に無理やり本番シーンをねじ込む – 騎乗位 まっくすまっくす4時間

騎乗位 まっくすまっくす4時間

今度の『まっくすまっくす』では、怒涛の腰振り祭りを開催!!美上セリ、佐藤ローラなどの人気アイドルをはじめとする30人のロデオガールたちが、男に跨り激しい腰使いでガンガン責めまくる!!

「騎乗位 まっくすまっくす4時間」の本編動画はこちらから

女優名: 渚, 小川あさ美, 芦名未帆(稲森しほり), 水城ゆう, 高原彩★, 鈴江紋奈, 星野あかり, 天海麗, 早川凛, 佐藤真心, 城戸あやか, 吉崎直緒, 宮路ナオミ, あおば, 二宮沙樹, 若菜ひかる, 安西あき, 熊田夏樹, 藤森ねね, 前嶋美歩, 広田さくら, 佐藤ローラ, 恋小夜, 小栗杏菜, 美上セリ, 伊東怜

騎乗位目当てでなければ

かわいい、きれいな人が多くボリュームあるのでアリでした。

でも騎乗位の時間は少ないです。

美上セリさんがよかった

えっ~

女優の数・質は良いのだが、各女優ごとの「騎乗位」の時間が少なね~~たぶん、単独の寄り集めで、騎乗位の時間を中心に編集したんだろうけど、ちょっと考えさせられる内容でした。

(結局の所、前儀、騎乗位、バック、正上位も4時間の時間割りからすると同じかも)残念。

満腹の性欲に無理やり本番シーンをねじ込む

人気AVレーベル「マックス・エー」の騎乗位総集編。

「総収録時間4時間、総勢30名」という、これ以上ないくらいのボリュームである。

ここまで来ると、「お得感」を通り越して、「満腹の胃袋に無理やり食べ物を詰め込まれている」といった印象。

自分の目当ての女優を探し当てる事すら容易ではない。

また、収録シーンは「騎乗位を含む」という意味であり、「騎乗位オンリー(もしくは、騎乗位中心)」という意味ではない。

マイナー女優で強引に「かさ増し」するくらいであれば、人気女優の出演シーンをもう少し伸ばしても良かったような気がする。

いずれにしろ、すべてが「適量」を超えている。

「騎乗位 まっくすまっくす4時間」の本編動画はこちらから