藍花(花桐まつり)

【桜りお, さとう遥希, つばさ, 大槻ひびき, 宮下つばさ】タイトルほどでは – 嫌がる女にしつこいくらいレズ接吻・クンニ!

嫌がる女にしつこいくらいレズ接吻・クンニ!

男のクンニとはまるで別モノのレズキスクンニ…嫌がってはいても、心も体もマンコも気持ち良すぎてトロけだす… 欲望に身をまかせ、嫌がる女に何度も何度も濃厚接吻、猛烈クンニ!

【※画像・音声に多少の乱れがあります】

「嫌がる女にしつこいくらいレズ接吻・クンニ!」の本編動画はこちらから

女優名: 桜りお, さとう遥希, つばさ, 大槻ひびき, 宮下つばさ, 橘ひなた, 早坂愛梨, 藍花(花桐まつり), ayami(赤西涼、まひる), 日高ゆりあ(青山ひより)

レズ レ●プ RETURNS 1~5 総集編?

レズレ●プRETURNS1~5の総集編です。

友達同士のレズシーンが中心です。

?つばさ×大槻ひびき?さとう遥希×桜りお?宮下つばさ×ayami?日高ゆりあ×藍花?橘ひなた×早坂愛梨お薦めはレズレ●プRETURNS 4の さとう遥希×桜りお※やっぱ、さとう遥希の潮吹き最高!レズレ●プRETURNS 2の 日高ゆりあ×藍花※藍花の恥ずかしがりながら受入れる感じ良かった!他の作品も好評価です!

タイトルほどでは

タイトル通り、もっと嫌がったりしつこかったりするとなおいいのに。

大槻ひびきさんのとこ以外はあんまり嫌がってない。

「嫌がる女にしつこいくらいレズ接吻・クンニ!」の本編動画はこちらから

【藍花(花桐まつり)】とにかくハード – 女スパイ暴虐拷問室 藍花

女スパイ暴虐拷問室 藍花

女を食い物にして荒稼ぎする地下組織のアジトへ潜入した女スパイを襲う凌●SM私刑!正体暴かれ囚われた藍花。

過酷な運命が彼女を待ち受ける!凄惨な拷問の末に意識も薄れ、悲痛な叫び声ももう、誰にも届かない…。

「女スパイ暴虐拷問室 藍花」の本編動画はこちらから

女優名: 藍花(花桐まつり)

SM作品と胸を張って言えるよ

まず最初に、SM好きの皆さんの趣味は多種多様で、それぞれの好みが分かれるに違いない。

俺の場合、縄で締め上げ、鞭や蝋で苦痛を与える。

そんなプレイが好きだ。

逆に、アナル責めくらいはいいけど、浣腸・脱糞はいらないし、鼻フックもいらない。

イラマチオも良いけど、しつこくする必要なし。

そんな苦痛系好みの俺には良かった。

平手、濡れタオル、バラ鞭、一本鞭、とバラエティに富んだ叩きもの。

さらに、着衣縛り、半裸縛り、全裸縛り、足縛りで吊り下げ、後手縛りで吊り下げ。

縛りもたくさん。

最後の一本鞭での責めは圧巻で、首に縄をかけて吊るプレイはプロならでは。

俺には怖くて出来ねー。

でも、そんなプレイを見て興奮する変態な俺には良かったよ。

もしこれで女優が巨乳で、おっぱい責めが加わったら、最高だろうな。

良かったです。

好みが分かれる個性的な顔の女優でる。

拷問の一つ石抱きが良かったです。

濡れ手拭いでパンパンと身体を叩き責めているシーンが良かったです。

良作。

スパイという割にやけに気弱そうなのは、御愛嬌か。

ただ、最初はもうちょっと強硬に抵抗してほしかった。

のっけから「やめて下さい」「許して下さい」ではスパイとしていかがなものか。

あとは、尋問の過程が冗長なので、ストーリー全体としてメリハリに欠ける。

それと、最後に引導を渡されて泣き叫ぶところも良かったが、その後に調教が完成され、責められて喜ぶ姿もあるとなおよかった。

男優も、厳しい責めとねちっこいしゃべり方はいいけど、もう少し荒々しい台詞回しも混ぜてくれるとよかったな。

これらのツメの甘さがなかったら、「非常に良い」になったのに。

でも、責めのハードさは特筆に値するし、泣きながら責められる所は興奮する。

良作でしょう。

踊り子として~

~秘密組織に潜入した藍花が捕らわれ、散々にいたぶられるという作品です。

イントロが無駄に長く、もたもたしたやりとりや、台詞にも、相変わらずセンスの無さを感じさせます。

鼻フックビンタ、イマラ責め、大量浣腸、板責め、吊し責め、鞭打ちなどなどハードに展開してますが、レーベル特有のテンポの悪さはマイナスです。

小顔の藍花が虐げられる顔はとてもいいのに、残念ですね~!~。

辱め、というより拷問が好きな人向け

女優は終始、敬語を使っている。

言葉づかいが丁寧なスパイだ。

ア◎ル攻めが、指2本を入れたりして熱心。

あとはパケ写のように、いじめがメイン。

抵抗する気が強いスパイを辱める、そういう作品ではなかった♪

失禁しながら鞭打たれるのは見もの

最初のほうは着衣が少し邪魔で、もう少し全裸での責めの時間を多くとってほしかった。

吊られながらの失禁は見もの。

演出だとしても良いシーンと思う。

個人的には電気責めを入れてもらいたかった。

思いの外いい

レビューを信じて買ってみて正解。

ハードな作品が好きな人にはお勧め。

藍花グッド!

全般に良いレベル。

イントロは少し退屈。

椅子のシーン(特に引いたアングル)は思った以上にエロティック。

浣腸は個人的にパス、但し表情は良い。

座り責めは緊迫感があまり感じられなかった。

逆さ吊りは腰のロープを更にきつく締めると迫力が増すのでは。

また胸への鞭が欲しかった。

首絞めは見る機会が少なく本篇は秀作。

スタンガンはもっとやって欲しかった。

一本鞭は体に巻きつかせることに醍醐味を感じるが残念。

鼻責めビンタが◎

藍花さんの顔が好きです。

鼻フックされながらのビンタはたまりません。

他にも色々な責めシーンがありますが,鼻責め好きの方はどうぞ。

陵●性交はほとんどない

個人的な趣味がかなり入った評価だが、いまいちだった。

拷問はバラエティに富んでいてそれなりによいが、か弱い女体に拷問を凄絶な加えながら、もだえ苦しんだり悲鳴を上げる女性に性的興奮を高まらせ、ますますいきり立ったペニスで、拷問を受ける最中のマンコや口を●す演出がないとよくない。

題名が拷問室なので、拷問が中心であって性交が必ずしもメインではないので仕方ないが。

「●す」場面は、椅子に縛っての口腔性交。

しかし射精までいかない。

次に、机に縛って、浣腸後に尻の穴を●すが、これもまた弱い。

しかも射精は抜いて尻にかけるだけ。

藍花の演技を評価する声が高いが、演技過剰である。

Mという意見もあるが、たぶん自分の演技に酔うタイプというだけに見える。

ハードだ

石抱き責めと首絞め責めは良かったです。

演出なしの本当の苦痛があります。

首絞めで窒息状態からの失禁は興奮します。

女優さんは何ともいえない色っぽさがあります。

体がとても綺麗です。

美人過ぎないところに作り物めいたところのないリアルさを感じました。

とにかく責めはハードで、見ごたえ十分。

なかなか魅力ある女優さんです。

顔もスタイルもきれいで、感受性豊かに、それでいて、ここまで厳しい責めを受け、涙や鼻水でぐしゃぐしゃになってくれれば文句なしです。

責めは、相当ハードでジャケットの写真をはるかに上回る出来です。

どの責めも半端なくハードで、特にビンタや鞭など容赦なく激しく見ごたえ十分です。

この女優さん、相当に魅力があるので、今回のような拷問という設定ではなく、Mとして、責めを喜び受け入れるような作品を見てみたいと思いました。

藍花の頑張りにエール!

タイトルに【拷問】とある以上、拷問ビデオとして楽しめば十分楽しめる。

多方面でハードなビデオに出演している藍花たが、本作も礼に漏れずハードである。

十露盤の上に正座しての石抱きは、十露盤の△部が4つしかなく、相当の痛さである。

スタンガンや1本鞭等も嘘がなく、相当頑張っていると思う。

いまどき本当の責めに耐えられる女優は少ないので貴重な作品だと思う。

責めに一切耐えられない女優は、東雲勇太の電気を流さないスタンガン等のパチモンのSMビデオに出るのだろう。

当然パチモンでは特撮にすぎず楽しめない。

そのような女優も、女優が頑張れる範囲で綺麗なSM作品を作れば楽しめるはずなので、パチモンは止めてほしい。

楽しめる作品

色々あって楽しめる。

藍花(花桐まつり)の表情が、始まりとプレイが佳境に入った後では全く違うのが興味深い。

浣腸、鞭打はさほどでもないが、縄で首を絞めるのには恐れ入った。

さすがに危ういモノを感じた。

絶頂に達する時、クビ締めをねだる女はいるが、縄は危ない。

逆さ吊りも良い眺めだった。

評価が最高にならないのは、どうやらホンモノのM女優っぽいのに、見終わった後、はじけ切った感じがなかったからだ。

グッとくる一本

シネマジックの作品は久しぶりに見ましたが、いい責めでとっても楽しめます。

特に、長く伸びる鼻水グッときました。

藍花さんも可愛くて、バランスの取れたいい身体で、見応え十分の一本。

コストパフォーマンス高し

コストパフォーマンス高いです。

ヌルヌルなSMが多めのレーベルかと思っていましたが、本作品は苦痛系ハードです。

女優もスタイルが良く、鞭打たれた時の反応や肌の振るえ具合も良いです。

いつもの事ですが、アップと引きをもっと上手く使って欲しいなというカメラワークへの不満はありますが、それを差し引いてもダウンロードで見るならば十分満足できる作品と思います。

女優はいいけど。

絡みはバックからのみで物足りない。

それもアナル。

ムチ打ちで痛がるのはこの女優独特のリアクションで新鮮味がない。

屈指の作品だ

責めは、バラエティに富み、かつ厳しく見応えがあった。

女優は、真性M嬢と思われるが、よくぞここまで頑張ったと思える。

特に、算盤板石抱きや首吊り、スタンガンなどは、いくらなんでもそこまで・・・という厳しさがあった。

だが、鞭打ちなど、多少甘いかなと思われるものもあったが、全体に厳しい拷問で貫かれていた。

久しぶりに本格的なSMを見た気がする。

監督及び男劣の底上げが必要です。

女優がどんだけ頑張ってもカメラマンと男優が悪いと意味がないです。

何で画面を斜めに使うんですか?それとなんでそんなにアップで撮りたいんですか?気持ち悪いので男劣(優れていないので、むしろ劣っているので男劣と呼ぶのがふさわしい)なんか映さないで下さい。

一度自分たちが撮影したものを視聴者側になって見てみてください。

どれだけ見難い映像になっているか良く分かりますよ。

とにかくハード

久しぶりに、ここまでハードな作品をみた。

確かに見応え十分。

本番のシーンはバックからの1回だけ。

意見が分かれるが、私としてはそれが良かった。

(本番は無くても良いぐらい)他はとにかくハードは責めが続く。

石抱きで、胸を濡れ手拭いで叩く責めが特に気に入った。

背中と尻の鞭は多いが、もう少し、胸への鞭が多いと更に良かったが。

責めている時に苦痛の顔をアップで見せるのも良いが、責められている体の絵も一緒に入れて欲しい。

どうしたら、こんなに痛そうな顔をするのかも、見たいので。

あと希望を言えば、石抱き用の石を4袋も持ってきたのだから、もっと籠に入れて欲しいのと、石抱きの後、立てない足使って、例えば、無理に立たせて首を吊るとか、の責もやって欲しかった。

でも、全体的に見て、ハードな責めを見たい方は、絶対にお勧めです。

それと、ここまでの責めを見せてくれた、藍花嬢に感謝です。

「女スパイ暴虐拷問室 藍花」の本編動画はこちらから